おはなうえるくまらいふ

くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

“おはなうえるくまらいふ”

サテライト事務所よりこんにちは

f:id:kazuto47:20180622235540j:plain

前略

今日、こちらは久しぶりに晴れました。晴れたと行っても涼しくて暑いよりは快適ですが。夏きてんのかな??なんて思います。そちらの天気はいかがですか?

先日アップした工事が進んでおります。今日は天気もいいのでテーブル、椅子を持ち込みサテライト事務所にして現場にいました。木陰の下でいろんな計算などをしていると捗りますね。

今日は特殊な工事があったので、現場にいなくてはいけなかったんですよね。特殊な工事というのはコールテン鋼材という金属で綺麗なカーブの花壇を作ってもらう工事でした。

明日、完成予定。

明日も楽しみです。

では、また

したっけ!

草々

2018/06/22 現場監督くま

カフェテラスで仕事をしたいあなたへ

オオバボダイジュの蕾

f:id:kazuto47:20180620230205j:plain

前略

今日伺ったガーデンでオオバボダイジュの蕾がキレイでした。この花ではない、ヒラヒラとした(専門的にいうと)苞が素敵ですよね。この姿が好きですね。

あ、このボダイジュって書きますけど。涅槃を開ける木とは全然違う種です。

釈迦は菩提樹の下で悟りを開いたとして知られるが、釈迦の菩提樹は本種ではなくクワ科のインドボダイジュ(印度菩提樹、Ficus religiosa)のことである[1]。中国では熱帯産のインドボタイジュの生育には適さないため、葉の形が似ているシナノキ科の本種を菩提樹としたと言われる。

出展:ボダイジュ - Wikipedia

このオオバボダイジュ、もしくは近いもので他にはシナノキがあるのですが。住宅街のガーデンってよりは大きなランドスケープデザイン向きで雰囲気のよい木陰を作ってくれます。もしかしたらあなたの街のいつも横切る公園にもいるかもしれませんね。

この樹木の詳しい生態や文化的な背景については僕の心の師匠がブログで綴られています。ぜひ、そちらも読んでいただけたら嬉しいです。

シナノキとオオバボダイジュ | 青柳庵日記

では、この辺で。

したっけ!

草々

2018/06/20 今日はお休みをいただいたくま

木にも花咲くのっておどろいたあなたへ

シンボルツリーってなんだ、それって美味しいの?

前略

今回は、ちょろっとシンボルツリーについて書いてみようかと思いました。

みなさんシンボルツリーって言葉知ってますか?

建物のシンボルとなるような大きな樹木のこと。 庭や中庭に植えることで建物の印象が大きく変わったり、外構が華やかになる効果もある。

出展:シンボルツリー とは/建築・住宅用語集 | まるわかり注文住宅

他の方のウェブの言葉では、そんなことのようです。最近では浸透しきった言葉ですが誰が言い始めたのでしょうね。ぼくは、そこらへんのことを知りません。

続きを読む

寝てる:今日の王子、19

f:id:kazuto47:20180617222440j:plain

はい、こんにちは。

今週もやってきました王子くんの更新の日曜日です。

ですが、今週王子くんを撮影する機会があったのですが。寝ていました。ぐっすり、すやすや。

寝込みを、起こしてもかわいそうなので。

そっとしておきました。

では、また!

したっけ。

悪魔とのおしゃべり

前略

先日、本を読みました。さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』サンマーク出版、2017、です。

ふらっと寄った本屋さんにひときわ目立つ真っ黒の本で、ついつい目立っていて手にとってしまいまいした。最近、なんかふわっと簡単に読める本が読みたくなっていたのでとてもお手ごろに読みやすい本でした。

続きを読む

朝飯前?いや仕事前の家庭菜園。

f:id:kazuto47:20180614211524j:plain

前略

こちらは、トマトが結実しました。テキトー家庭菜園だからいままで植えっぱなしで、今日初めてトマトの支柱をして、誘引です。それを仕事前の15分程度遊びました。

今日のこちらは、ひさしぶりに太陽が顔を出してくれて、暖かいかと思いきやあまり温度は上がらず。北海道を思い知らされています。

それでも、ぐんぐんと成長してくれている野菜ですね。

では、こんなところで。

したっけ

草々

2018/06/14 トマトが待ち遠しいくま

梅雨で楽しくないあなたへ

おなかこわす、さむくて??

お庭の位置出し終わったよ(^ ^) こいつ、遊んでるように見えても仕事頑張ってます。

前略

一昨日から、少し大きめの工事が始まりました。施工は地元の有名企業が行ってくれることになり安心ですね。こんな若手のデザイナーの設計にも対応してくれる懐の大きさに感動します。今回は、おはなうえるうさぎさん側の仕事を僕が少し設計に関わらせていただきました。

こちらのお庭は、現況フロントガーデンはもうすでに美しい芝主と池がひろがるように立派に作られていて。今回は、お母さん用のバックヤードガーデンになります。お母さんの好みは、この北海道の東側のもともとあったような景観の再現に、少し現代的なお花を添えてのご要望です。お好みのバラも一重の小さな可愛らしいものがお好みのようです。

僕が、この地に引っ越して来た幼い頃はまだ畑の畔に、たくさんの自生のお花が咲いていました。それは、例えば小さいカラー(ミズバショウ)野良に生える百合(エゾスカシユリ)、が咲いているからビックリしたものです。なんだかめっきり少なくなりましたね。

パーカーがハーバードなのは、ランドスケープの名門のハーバード(大学院しかない)に憧れて一回校舎と無料のレクチャーを聞きに行ったことがあって、そのお土産に面白くって買って来たものです。

こちらは気温が10℃より上に上がらない日がありますが、そちらはいかがですか?全国的に少し寒い一週間のようで、お腹壊さないように気をつけてくださいね。

僕は、工事が始まってお腹にきたのか、寒くて壊したのかわかりません(笑)

では、この辺で。

したっけ!

草々

2018/06/13 おはなしをしたくま

晴れの日まちのあなたへ

サトミさんとバイカウツギ

 

 

f:id:kazuto47:20180611202927j:image

前略

昨日ですが、お庭のご相談があってお伺いしたお庭です。そこのお宅でヤマボウシ‘サトミ’が良い色に咲いていました。ヤマボウシのお花がピンクの品種で可愛いでしょ?

 

そうそう、こちら北海道ではハナミズキを植えるのが、越冬しなく難しいので(1年越冬したとしても、どんどん弱っていきます)代わりにヤマボウシを植えることが多くなります。ヤマボウシ自体も自生種ではないけど栽培ができる植木になりますね。

 

注意しなければいけないのが、よくシンボルツリーとかにオススメされたり、使うこともあるかと思いますが日当たりの厳し場所や、乾燥の強い場所には向かないような気がしています。

でもね、たいがいシンボルツリーってそんな場所ですよね。ちょっと影るくらいの半日影みたいな場所で地面に十分な湿度があるほうが元気に育ちますよ。

f:id:kazuto47:20180611202937j:image

樹形はこのような形ですが、毎年剪定をしています。あんまり、チョコチョコ先端を切らないで徒長枝、からみ枝をばっつり切るくらいの剪定のほうが花付きも良いですよ。

 

それで、こんな珍しいタイミングに出会ったのに愛機ライカちゃんを持ち歩いていませんでした。なので今回はiPhone7PLUSで撮影です。


f:id:kazuto47:20180611202932j:image

その帰り道に、ふと寄った場所でバイカウツギが満開になっていました。バイカウツギはやっぱり香り!そしてこのゴージャスなお花。お花が重くて枝垂れることが多くて、見方によってはだらしがなく感じるかも知れませんが、場所に余裕があれば全開で満開にしてあげるのも香りやゴージャス感が満開で良いかも知れません。

 

てな感じで、木のお花たちも初夏になってきました。でもね、ちょっとこちらは冷え込んでいます。ほんと6月かなってぐらい。

 

今日、僕はお腹こわしたので。

皆様も、お気をつけてくださいね。

 

では、この辺で。

 

したっけ!

 

草々

2018/06/11 多分風邪ではなく牛丼の卵でお腹こわしたくま

 

北海道でハナミズキを植えようと検索したあなたへ