おはなうえるくまらいふ

柏倉一統、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

春までに用意したいガーデンシューズ(渋い編)

ガーデニングにとっても、オシャレにとっても、とおおおっても大事なのが足元♫、靴次第で気分が晴れてどんな場所にも行けますよね(^^)
では本題れっつごー!

Ninjya Boots

[caption width="700" id="attachment_2177" align="alignnone"]jika-tabi 地下足袋 - Wikipedia[/caption]

そう、これ(^^)
これが高温多湿な日本にぴったりです、

メリット

  1. 足裏で感じることができる
  2. 疲れない
  3. 危ない場所がわかりやすい
  4. 外国人にうける
  5. 苔の上を歩ける

デメリット

  1. 内臓が弱いと青竹ふみのような刺激が歩くたびにある
  2. 慣れないと疲れる
  3. 重いものを落としてはいけない
  4. ダサく感じる人もいる
  5. 水の上は歩けない

歩くときの注意

いつもの靴のように歩いてはいけません、「殿中でござる」のように時代劇のように上体を動かさず、歩いたり走ったりしなければなりません。できれば腰に手を添えて。
子供の頃から靴の文化に染まってしまった私たちには慣れる必要があります。

攻撃性

Ninjya Bootsですがブーツや靴のようにつま先で蹴ってはいけません。つま先を怪我します。NInja BootsのときはLIKE A KARETE で足の甲で蹴らなければなりません。他には、Japanise Professional wrestling のように必殺”十六分キック”にしておきましょう。
ガーデニングを愛する平和な皆様には、そんな危険なことはないと思いますが、いざというときには心に留めておいてください。

僕も愛用

僕は愛用しています、地下足袋用の靴下がありますが僕は裸足に履く派です。 ほしいかたはこちらへ↓、あなたの人生が変わります(japanise joke)
いかがでしたか(^^)
花咲く春が待ち遠しいですね、 え!!ちゃんと、かわいい編も書きますって(^^)
では、また