おはなうえるくまらいふ

柏倉一統、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

バラの冬囲いはいつ外すか【日本で一番寒い地域で育てた経験より】

2018年4月4日リライト

こんにちは!

もうそろそろ、おはなうえるくま、も冬眠から覚める時期になってきました。 暖かいなと思ったら寒波が来て雪が積もったりしていて、冬の厳しい地方の方はバラの冬囲いの外すタイミングが難しいのではないでしょうか。 地域にもよりますが、もういいですよ!(3月)

では、本題いっくよー!

耐寒温度で考える

植物にはそれぞれの科、属、品種にも違いがあり耐寒温度があります。ですが、皆様がお庭に植えているバラはとんでもなく寒いのが苦手なものは植えていないはず。マイナス5度に耐えられないものの例はバナナ、さすがにバナナより寒さに弱いバラを育てている方はぐっと少なくなるかと思います。

寒波が心配

わかります、僕たちプロもそこには神経を使います、もしかした新しい芽が冬囲いの中にあって外した瞬間に寒波が来たら、芽が枯れるかも知れません。でも、寒波が来たとしてももうあのマイナス10度以下にはないはずです。僕の経験上ですがダメージが現れ出すのがマイナス10度以下になった時が目安になります。

とっても大切なものは

とっても大切なバラたちは私たちを香り、色合いで私たちを元気にさせてくれたり、香りで癒してくれる存在。でも、そのバラたちの管理で神経を削っていては元も子もありません、あなたが思っている以上バラ達は逞しく元気です。

では、目安はどうするのか

僕の目安は、マイナス5度以下にならない日が一週間予報で確認できたら外す準備にかかります。 これは、アバウトなので真剣な方は他の本などを参考にしてください。

参考になるオススメの本

北海道のバラづくり

北海道のバラづくり

北海道で育てるバラ

北海道で育てるバラ

この2冊の本は、北海道がベースで書かれているので東北以北の方にはとても参考になるかと思います。

さいごに

今回はバラの冬囲いの外すタイミングについてお伝えしました、僕の仕事で問い合わせが多い案件なんですよね、どうしてもバラは私たちの生活に密接で可愛い存在ですから大切にしたいし、思い出も詰まっているものでしょう、ですが私たちが思っている以上にバラは強い植物です。

楽しみましょう!

では(^^)したっけ!


このブログを書いている人はガーデンとランドスケープデザインの木野花園計画の人

Kino Garden Project Co. /木野花園計画 – ガーデン、ランドスケープデザインの木野花園計画


このブログで人気の猫ログ、黒猫の王子くん記事はこちら

猫ログ カテゴリーの記事一覧 - おはなうえるくまらいふ