おはなうえるくまらいふ

柏倉一統、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

日記的に健康と睡眠について

こんにちは、いつもありがとうございます。新しいOS XのHigh Sierraに変更して予測変換になれていません。誤字が増えるかも知れませんね。

さて、今日は午後まで全然目が覚めませんでした。でも、十分以上に寝たせいか身体が暖かいんですよね。で、ここ最近なんだか感じていた寒さが身体から抜けたような気がしています、もしかしたらただたんに風邪をひいていたのかもしれませんが、ここ最近平均的な体温から1度くらい低かったんですよね。体温が低いとどうしても良いパフォーマンスが出なくて、苛立ちを覚えてしまったりしてしまいます。自分では認識がなくても身体には無理をかけていることがあるようです、こんなにもクマ系なのに身体がどちらかと言うと弱いのがネックですね。お酒も飲めませんし。健康管理がやっぱり人生を楽しむ上でもとっても大事と感じる30代でございます。

で、こう言う疲れが溜まってるときって健康維持の為にジョギング、ウォーキングやヨガなどしても追い討ちをかけるように疲れるだけで、なんにもなっていないことって有りませんか。僕は、度々感じることがあります。それによって、「あ、いま身体が疲れていたんだな」って気がついてときもありますが、そんなことではなんか間違っているように思います。気を張っていて起きていて、疲れを無視している状況なのか、そうでなくて本当に元気なのかを感じる必要があると思っています。僕の場合いつも、なんだっかんだ考え事、読書、リサーチなんかをして午前2時前後に布団に入る感じなんですが、それも改善しなければならないかと思います。

(あ、画面右上のことえりにライブ変換って項目があって切ったらクラッシックな変換に戻って調子が良い感じが戻りました。笑)(ライブ変換の言葉遣いがなんか苦手、これはもう次世代についていってないのでは無いか。)

して、話は逸れましたが睡眠ってやっぱり大事なんだななんて思った次第なんです。で、やっぱり僕が今のアレルギーが酷くなったタイミングって、現代語的に言うと超ブラックな環境で寝る間を惜しんで仕事の下積みをしていたときなんですよね。で、その修行があったから今は自信をもって独立ができたし、独立の荒波にも耐えてこれたことがあるのかと思っています。結果論として。あんまり自分の創業に関しては頑張ったつもりはなかったのですが、相当身体は応えていたようで、先日のトークセンの先生、ほかスピリチュアル先生、整体の先生、皮膚科のお医者さん、耳鼻科さんなどにも言われることがあります。最近では、IT界のすごい人とかも睡眠の重要性を多くのメディアで語られていますよね。例えばホリエモンさんは3時には絶対に寝て11時まで起きない、それで自分にとってベストな睡眠時間の8時間をキープしているなんて言われている本がありました。

身体の疲れが慢性化すると人って、それがデフォルトになってしまうことがあるらしいんです。それは、例えば凝った肩が当たり前みたいなことらしいのですが。で、そうなるとやっぱり自分でも気がつかない。最初に気がついて教えてくれた方は鍼灸師の方でした。そこから自分にあっているものを巡って、トークセンや不思議整体師さんにめぐり会うことが出来ました。地域地域によって、不思議なくらい自分にあった瀬術の方がいるかと思います。それを探してみるのも良いかもしれません。まぁ、疲れをためないことが一番なのですが、強いストレスのなかで戦っている方も多いかと思います。いま一度、ご自身のお身体をメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。

てなとこで、今回はこの辺で。

したっけ!また