おはなうえるくまらいふ

柏倉一統、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

ライカを購入しました

こんにちは、いつもありがとうございます。

今回は、カメラの話を書こうかと思いました。と言うのも念願のライカを買ったのです。

ライカ X VARIO

ライカが欲しかった

単に高級品が欲しかたのではなく、ライカで撮られた写真が前から好きだったんですよね。すっごく憧れていました。ライカの写真、

不安もいっぱい

で、いざ買おうかと探しても、やっぱりMシリーズは手が出ない。で、買っても手に合わなかったら、またうまく使えなかったらどうしようって思っていました。大きい金額ってドキドキしますよね。

Xシリーズなら手が出そうだった

はい、こんかい買ったのは中古のライカの X VARIO なんです。って言うのは、ライカのMシリーズが欲しいのですが、やっぱり手が出ませんでした。新品だと100万円前後になってしまいますよね。中古のレンズとボディでどうか試算しましたが手が出ませんでした。そこで中古でXのシリーズがお手頃な価格で出ていることを知りました。XシリーズであればMの雰囲気を残しているとのレビューも参考になって、そっかMを手にする前にXを持とうとおもった訳なんです。

で、ライカのXはもう現行品がないのですが練習するにはまだまだいけるスペック的にもいいかとおもいました。

で、現行のライカQ、ライカCL、ライカTLの予算もなかったのです。

こちらがライカQ

こちらがライカCL

こちらがライカTL

ライカ X

高性能な大口径レンズ「ライカ ズミルックスf1.7/23mm ASPH.」(35mm判換算で35mm)を搭載しています。このレンズはきわめて美しいボケ味が特長で、浅い被写界深度を活かしたクリエイティブな表現を追求できます。また、レンズフードがなくてもフレアやゴーストが生じることはほとんどありません。さらに、無限遠からわずか0.2mの最短撮影距離まで、シャープかつクリアで鮮明な画像が得られます。撮像素子にはAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用し、撮影が難しい光の状況下でも、忠実な色再現とディテールまでの緻密な描写という、大型センサーならではのハイレベルな描写を実現します。

jp.leica-camera.com

ライカ X-E

こちらはライカのX-EおそらくEとつくのでエントリーモデルでレンズも少し暗めのものになっていますね。

レンズには高性能な「ライカ エルマリート f2.8/24mm ASPH.」(35mm判換算で35mm相当)を採用しています。35mmという焦点距離は単焦点レンズのスタンダードのひとつで、これまでに数多くの名作を生み出してきた実績があります。ルポルタージュ写真をはじめジャンルを選ばず活用できる、適度に広い自然な画角を持つこのレンズにより、決定的瞬間をリアルかつディテールまで鮮やかに切り取ることができます。

jp.leica-camera.com

ライカ X Vario

僕が選んだのはこちらのカメラになります。と言うのもレンズの出来が素晴らしいとのレポートを読んで、しかもセコい考えが浮かびました。これならレンズが望遠レンズになっているので、35mm、50mm、70mmの練習が出来るのではと。これからのMを見据えて3本のレンズの練習をしてみてはどうかと考えました。で、僕の写真はボケよりもシャープさの腕を磨きたかったので、今回はライカ独特のボケを諦めました。

「ライカXバリオ」は、APS-Cサイズの大型CMOSセンサー(有効画素数1620万画素)と高性能ズームレンズ(35mm判換算で28~70mm相当)を同時に搭載したコンパクトデジタルカメラです。最大開放F値はF3.5ですが、撮像素子が大型であるため、被写界深度を浅くしてボケ味を効果的に活かすことで、ソフトなイメージや奥行き感のある描写が可能になります。さらに、高性能なズームレンズにより、室内写真から風景写真、ポートレートまで、クリエイティブな描写の可能性が大きく広がりました。

望遠付きに惚れました。

ライカXバリオは、デジタルレンジフィアンダーカメラ「ライカM」の画期的なデザインも一部取り入れています。外観デザインだけでなく実際に手にしてみると「ライカM」の要素を取り入れていることを、より深く実感できます。基本的なコンセプトは「ライカM」と同じで、高品質な素材を使用して作り上げられています。トップカバーは「ライカM」と同様の工法で無垢のアルミニウムから削り出しています。材質にはマグネシウムも使用し、堅牢なフルメタルのボディとホールド感のよい上質な外装レザーにより、ライカのカメラと呼ぶにふさわしい質感を実現しています。

この記事も参考にしました [PY] フォトヨドバシ LEICA X VARIO 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

では、開封

f:id:kazuto47:20180316215758j:plain

はこ、かっけー!

f:id:kazuto47:20180316215802j:plain

この黒い箱もキレイですね。

f:id:kazuto47:20180316215807j:plain

なんと、付属品の袋まで美しい

f:id:kazuto47:20180316215811j:plain

しっかりビニールに包まれていました。

f:id:kazuto47:20180316215839j:plain

でーん、うんレンズでかいね。

f:id:kazuto47:20180316215844j:plain

カメラストラップもライカ感を楽しめるものに変更です。

f:id:kazuto47:20180316215833j:plain

いちいち、こんな素敵な袋に入っているのですね。

f:id:kazuto47:20180316215819j:plain

で、ストラップをつけて完成です。

あ、僕の嗜好的にファインダーがないと写真が撮れないので、電子ビューファインダーを買いました。これは新品、とほほ。 でもこの電子ビューファインダーはいつかのMにも付くらしいので、まいっか。

ライカの写真で書いた記事 

まだまだ慣れていない部分も多くて、

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

www.ohakuma.com

さいごに

てなわけで、なんちゃってかもしれませんが、ライカデビューをしました。今まで使っていたペンタックスと並行して、使っていこうかと思っております。

では、したっけ!

最後まで、読んでいただきましてありがとうございました。

そういえば、ライカのカメラは去年のビジョンボードに貼っていました。 それで、今年ゲットでした。 ビジョンボードについては、こちら

www.ohakuma.com


ガーデンとランドスケープデザインの木野花園計画

Kino Garden Project Co. /木野花園計画 – ガーデン、ランドスケープデザインの木野花園計画


人気の王子くん記事はこちら

猫ログ カテゴリーの記事一覧 - おはなうえるくまらいふ