おはなうえるくまらいふ

くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

“おはなうえるくまらいふ”

ドラフターの横について

f:id:kazuto47:20180801223636j:plain

こんにちは、このドラフター。これ、ドラフターっていうんですが、まだまだ設計図面がパソコンで描けない時代にはどこの建築系の事務所にもあって、どかーーんと事務所の大きな場所を占領して謳歌していた製図板です。ほかにも単純に製図板ってのもあって、それは基本的にはこのL字の定規がついていません、大きな平らな板にT字の定規がついていたり、別々になっていてる場合もます。僕の小さい頃は大きな木製のT字の定規って学校の横にかかっていて、いまもあるんですかね?

でドラフターなんですが例えば映画「紅の豚」で、飛行機の設計をこんな机でやっていましたよね。

僕の場合は基本的に手で描いて想像して、パソコンも少し使うのでドラフターの右側、もしくは左側にもう一つデスクがあれば楽なんですよねー。スティービー・ワンダーみたいに、右にピアノ、正面にシンセみたいな。別にスティービー・ワンダーでなくても小室さんでも、なんでもいいんですが。

で、机を入れるのは少ない投資ですむのですが、いつまでも手描きを頑張るのかも心に決められず。うやむやでこのまま月日が経っています。

よく海外の事務所なんかの画像を見るとやっぱりL字にレイアウトされているんですよねー。

(イメージ図を探しましたがありませんでした。)

さて、一旦ためしにデスクを入れますかね。

今日は、こんな取り留めもないはなしで。

したっけ!