おはなうえるくまらいふ

柏倉一統、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

フォトログ:コテージガーデンさんのステキ成分分析【北海道月形町】

f:id:kazuto47:20180903211638j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。9月1日に北海道のコテージガーデンさんのトマトイベントに行ってきました。

www.ohakuma.com

その際の写真を載せますね、ぜひガーデンの参考にしていただけたら、うれしいです。

では。

ゲラニウムの使い方

f:id:kazuto47:20180903211638j:plain

朝日にかがやいているゲラニウム、品種はちょっとわからないのですが、この小さく広がる品種は空間の埋めるグランドカバープランツのように植えることが多いです。こうやって、少し園路にはみ出るのも可愛くていいですね。

この園路は、オシャレに見えますが花壇ブロックを花壇にしないで、レンガのように敷いているだけなんですよ。すこし、苔むして素敵ですよね。

バラのバックにホスタも素敵

f:id:kazuto47:20180903211648j:plain

日陰では育たないイメージのバラですが、半日蔭くらいなら全然平気で、バックの大型のホスタ(ギボウシ)との相性も良いですね。 おそらく、このバラはイングリッシュ系のもの。10年以上前に僕が植えたはずなんですが、忘れました。

見慣れているコンクリート平板も植栽がクールだと素敵

f:id:kazuto47:20180903211659j:plain

大型のホスタを大胆に使って、コレクションのような植栽です。あえて無機質なコンクリートの平板をつかうことによって、時代を感じさせないけどクールなガーデンになっていますね。

ピンクの背景にバーガンディレッド

f:id:kazuto47:20180903211708j:plain

ぷっくりのクレマチス。ピンク系のクレマチス、バラを絡ませたコリドー状に作ったアーチもバラやクレマチスの色に合うようにバーガンディーで塗られています。

f:id:kazuto47:20180903211721j:plain

そんなアーチの下に咲く、朝露が輝いていグレートーンのバラ。

f:id:kazuto47:20180903211732j:plain

バーガンディに塗られたコリドー。

素朴とか牧歌的でも色合いはセンス良く

f:id:kazuto47:20180903211742j:plain

一方、こちらは、比較的日向の宿根草ガーデン。小粋なシルバーグレイに塗られたフェンスをバックに、バーベナ・ボナリエンシス(Verbena bonariensis)の薄紫がオシャレですね。

この記事のポイント

はい、今回の要点ですが。以下のようになるかと思います。

  1. 背景を考慮して好きなお花を植える

  2. 好きな花を際立たせる背景も努力する

てな感じでしょうか、お家の壁は色を変えるの大変なので、それに合わせてお花の色を選んびます、そして努力して変更できる部分(フェンス、舗装など)は、それごとシーンを考える。

ってことになるかと思います。

さいごに

いかがでしょうか、こちらのコテージガーデンさんはガーデンデザイナーの梅木さん(師匠なんですが)が経営しているガーデンショップです。別に僕がここで書かなくてもガーデンが大好きな人には人気のお店なんです。

今回はイベントに行って近況報告やお手伝いをして、夜の打ち上げにも参加してきました。

www.ohakuma.com

それで、次の日の朝にふと眺めていると「ブログネタになるな」と思って撮影しました。お店に行って「ステキ♪」てなるかと思いますが、そのステキ成分をかいつまんで分析しました。みなさんのガーデニングに役立てば、嬉しいです。

では、また。

したっけ!

www.ohakuma.com

年に3回ほど行っています