おはなうえるくまらいふ

柏倉一統、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

秋が長く感じる:フォトログ

f:id:kazuto47:20181105231150j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。 先日、ライカを手にとって郊外へドライブへ行きました。

と言うと、なんだかフラっと出かけることのできるスマートな人のようですが、実際のところは所用を済ませて、道すがら夕暮れのキレイな田舎道を走ってみました。

田舎道といってもここは北海道です。

近所で、車で10分くらいしか離れていない場所です。

今年の秋は、珍しく雪の降らない秋のようで流れるような紅葉を楽しめています。

僕なりの指標としては、ドロノキの葉が落ちて秋のスタート。カツラが香りだしてモミジが色づき、イチョウが燃えて。最後にこのオレンジのカラマツ林が色づきます。

このカラマツも木材としての研究が進んでよじれない集成材が完成したとか。

僕は、カラマツの耐候性が気に入っていて枕木やウッドチップなど、よく自分のデザインに取り入れています。

何かで聞いた話で曖昧な部分があるのですが。「半径100マイルで作る」なんて言葉を聞いたことがあります。その土地の宝を大事にするデザインを心がけていきたいですね。

では、こんなところで。

したっけ!