おはなうえるくまらいふ

柏倉一統のブログ、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

“おはなうえるくまらいふ”

メガネを作りに行って知った、左目が乱視になっていた

f:id:kazuto47:20190221105204j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。 僕は、視力はそんなにも悪くないのですが乱視があって、メガネをかけています。おそらく、両目が0.5くらいずつあって自動車の運転免許はメガネをかけなくても良かったのですが、最近なんだか目が悪いような気がしていました。

というのも、メガネをかけているのにも関わらず駅とか飛行場の電光掲示板が見えていないことに気がついたのです。

正直言って、目が悪くなりました。

というか、傷がついたレンズのメガネをづっと使っていたら目が悪くなってしまったようです。

目が悪くなるのって、一気に悪くならずに「あ、疲れ目かな?」の積み重ねで悪くなっていくのですね。気がつきませんでした。

目が霞んでも「あ、疲れているんだな」で済ませていました。

それで、とうとうレンズの傷がきになって。また、フレームのテンプルの部分が折れて来そうなのでメガネ屋さんに行きました。

最初は、「このメガネと同じレンズで作ってください」って言ったのですが、さすがメガネ屋さんプロです。

「ちょと測ってみませんか?」と言われて、そのまま 測ったら今まで右目だけが強い乱視だったのですが、左目も乱視が入ってきているとのこと。

はい、これは電光掲示板が見えないわけですよね。

最初にメガネを作ったのは、図面の修正をするのに三角スケールのメモリが滲んで読めなくなったのがきっかけでした。お庭の工事をしても、メジャーのメモリが滲んで読めなくて、なんだか不思議に思っていたら 乱視だったのです、その頃は利き目が右目でした。で右がどんどん乱視になっていきました。

それからはメガネもちゃんと作って、左目も使うようにしました。そのきっかけはカメラを構えて右目でマニュアルフォーカスをすると、ピントがずれるからでした。

それは、そうですよね、少し柔らかく乱視を矯正しているので乱視であることは間違いないのです。その目でピントを合わせようとするとそれはピントがずれますよね。

なので、左目を使えるようにしました。

そしたら、今度左目が利き目に変わっていて乱視になったようなのです。

あれま、ちゃんと目のケアは大事ですね。

皆さんも気をつけてくださいね。

では、また。

したっけ!