おはなうえるくまらいふ

柏倉一統のブログ、くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先、出張先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

“おはなうえるくまらいふ”

アジサイ・タフスタッフ

f:id:kazuto47:20190730205231j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。ガーデンデザイナーをしているおはなうえるくま1号です。

今日は、おすすめのアジサイですね。 北海道もようやくアジサイの咲く時期になりました。

そうなんです、本州と違っていて北海道のアジサイは6月ではなくて、7月、8月に楽しむお花です。

そして、あの9月下旬くらいの秋の色合いがたまりません。

イギリスとかのヨーロッパや北米の方もそうですよね。

では、本文へ(^^)

こちらのアジサイはヤマアジサイの仲間になります。

アジサイ・タフスタッフ(Hydrangea serrata'MAK 20' )

沢山こんもり咲くアジサイもいいのですが、このようにガクで咲くタイプも楚々とした雰囲気が出ていいですよ。

一応、咲き終わったお花を切り戻したら四季咲きになるらしいのですが、やったことはありません。

なにせ北海道なので、秋に彩りの美しい状態も素敵なのでほったらかしでも大丈夫かな。

こちらの、株はまだ植えて3年なのでこんなにも可愛いかんじです。

でもね、ヤマアジサイほど大きな株になる品種ではありません。

それにしても、今年は良い色が出ました。

アジサイは、よく土のphで色がブルーからピンクに変わるといいますが、ブルーの群落の中にピンクがいたりするのでホントなのかなって思っています。

このアジサイのブルーに奥にはレモンイエローのフウチソウ(Hakonechloa macra 'Aureola')が補色の関係になっていて素敵でしょ。

もっと詳しく言うと、このアジサイの奥のゲラニウムも良い感じにパープルの幅を広げています。

こんな植栽、ぜひ木陰のシェードガーデンで試してみてくださいね。

では、したっけ!!

(「したっけ!」=北海道弁で「またね」の意、だが本当に使っている人はごく少数で北海道の西部にまれに見られる)


チェルシーフラワーショ−2019「漢方の庭」皆様の多大なるご支援をいただきましたこと、誠にありがとうございます。


このブログを書いている人:ガーデンとランドスケープデザインの株式会社キノ花園計画 柏倉一統

Kino Garden Project Limited /株式会社キノ花園計画 | ガーデンとランドスケープデザインのキノ花園計画


このブログで人気の猫ちゃん、モフモフ、イケメン黒猫の王子くん記事はこちら

黒猫、王子の記録 - おはなうえるくまらいふ


おはなうえるくまらいふのYouTube別館。「おはなうえるくまちゃんねる」も観てね!!

www.youtube.com